特に仕事中に寝てしまったりしたら、信用に問題にもなりかねないです。

ですので、気軽に使える処方箋いらずの睡眠サプリを飲もうと思っているのですが、副作用がないのか心配です。

そこで、睡眠アプリの副作用および成分をきちんと調べることで、心身ともに安心して、眠れるようにしたいと思います。

本当は怖い睡眠薬

以前、睡眠薬を使った経験から言いますと、睡眠薬には強い副作用があります。

睡眠薬は脳に働く薬ですので、もし、自分の症状を理解しないまま、飲んでしまうと起きたあとに、睡眠感が取れなかったり、頭痛の原因になったりします。

私の場合は、何分間か意識が途切れたり、睡眠状態が深すぎて遅刻しそうになったりして、結構深刻な状況に陥っていました。

そういうところで、睡眠薬が怖くなって、徐々に使用量を減らしていったのです。

でも、それだと睡眠不足の解決にはならないので、ネットで絶賛されていた睡眠サプリを使うようになり、今では、十分な睡眠時間がとれるようになったのです。

当然、睡眠薬のために、病院に通院することもなくなり、時間とお金の面でも大きなメリットが出来ています。

もし、不眠症で悩んでいる方がいれば、睡眠薬に手を出す前に、まずは睡眠サプリを試してみることをおすすめします。

睡眠サプリは医者いらず

十分に眠れなくて、日常生活に支障が出ている人は意外に多くて、店頭やネット通販ではたくさんの快眠グッズが売られています。

でも、グッズの種類が多すぎて、いったいどれに手を出せば分からないという状態になってしまいます。

枕を変えると、安眠出来ると言われていますが、枕だって安くはないので、種類が単純化されて分かりやすい睡眠サプリの人気が急上昇しています。

睡眠サプリなら医師の処方箋は不要ですので、誰でも手軽に購入することが出来ます。

処方箋がいらないと言うことは、必然的に副作用の心配もなくなりますので、睡眠薬以外で安眠したい人には最適なアイテムと言えます。

睡眠アプリは、好きなタイミングで飲めるのも、大きなメリットと言えます。

睡眠サプリの主成分

睡眠サプリにはトリプトファンを始めとして、メラトニンやギャバ等の成分が配合された商品が主要な物となっています。

睡眠薬は病院でしか手に入らないのに対して、睡眠サプリはコンビニ、スーパー、ドラッグストア等で扱っており、ネット注文で出かけずに買うことも可能となっています。

購入制限がなく、誰でも簡単に入手出来ることを分かっていただけたと思いますが、ここからも睡眠サプリの安全性が客観的に証明されています。

医者が処方する睡眠薬には確実な効果がありますが、効果があると言うことは、裏を返せば副作用もあるということです。

自分の体に合わない場合には、睡眠薬の使用が不可能となるほどの、副作用が起こる可能性もありますが、睡眠サプリの場合は効果が小さいため、パッケージに表示された用法用量を守っていれば、副作用の心配はないと言えます。

起きているときも睡眠サプリ

睡眠サプリの主成分であるトリプトファン等の安全性はとても高く、これまでの使用実績から深刻な副作用が起こったという報告事例はありません。

安心して睡眠サプリを試していただき、安眠生活に向けて体質改善に役立てて下さい。

トリプトファンは人間の体にから見て不純物と思われる方もいるかもしれませんが、人体にとって必須となるアミノ酸の一つとなっています。

普段、食事を通して、自然に摂取されている成分ですが、神経安定作用があるため、睡眠対策だけではなくて、仕事やプライベートでストレスを抱えている方にもおすすめ出来ます。

ギャバとのWアミノ酸効果

ギャバもトリプトファンと同様に、睡眠サプリの主成分となっています。

成分もトリプトファンと同様で、天然アミノ酸の一つであるため、効果も同じです。

不眠の方は脳内にのギャバ成分が少ないということが、最近の研究で分かっており、ここからも、ギャバ=安眠の解消の図式が成り立ちます。