副作用を説明している女性

  • 「何か副作用ってあるの?」
  • 「副作用について知りたい」
  • 「副作用がなければ飲みたい」

北の大地の夢しずくを飲んでみたいけど、副作用についてしっかり理解しておかないと、怖くて購入を決意できないですよね。

北の大地の夢しずくは自然由来の原料をベースに作られているので、副作用はありません。妊娠中の妊婦や産後の授乳中、小学生や中学生などの子供が飲んでも安心安全できます。

今回は北の大地の夢しずくには副作用がない理由と睡眠薬などとの飲み合わせについてに詳しく解説していきます。

副作用についてしっかりと理解して、快適な睡眠を取り戻しましょう。

北の大地の夢しずくの原材料や成分をチェック

北の大地の夢しずくの原材料や成分を見ていきましょう。

酵素処理アスパラガス抽出物、ギャバ、ホップエキス、クワンソウエキス、テアニン、ビタミンB群(B1、B2、B6)

北海道産のアスパラガスから抽出した酵素処理アスパラガス抽出物を主な成分としています。

他の成分も天然由来の原料から抽出した安全な成分を使用しているので、睡眠薬のように副作用が出る心配はありません。

あくまでも健康食品扱いなので、薬のように身体に負担がかかる心配はありません。安心して飲用しましょう。

副作用が発症するリスクについて

北の大地の夢しずくの原材料や成分を見るかぎり、副作用を発症する可能性はほぼないですが、副作用の発症リスクを高めてしまう飲み方はあります。

副作用を発症させないためにも、適切な飲み方を心がけるようにしましょう。

北の大地の夢しずくを飲みすぎても大丈夫?

北の大地の夢しずくの1日の服用目安は1袋です。

北の大地の夢しずくは睡眠薬や医薬品ではないので、多く飲みすぎたからといって副作用が出る心配はありません。

ですが、飲む量を増やしたとしても効果が高まるわけではありません。

「なかなか眠れない」「昨日スッキリ起きられなかった」と感じる日が増えると不安になって飲む量を増やす人がいますが、身体が1日に摂取できる栄養成分の量は決まっているので、余分に摂取した分は体外へ排出されてしまいます。

飲みすぎによって副作用のリスクが高まるわけではありませんが、効果が高くなるわけではないので、1日の摂取量は厳守しましょう。

睡眠薬と一緒に飲んでもいいの?

北の大地の夢しずくは休息サポート飲料なので基本的には問題ありません。

ですが、北の大地の夢しずくを飲んでいる人の中には、睡眠薬に頼らずに睡眠を取りたいと思っている人も多いはずです。

そんな人におすすめするのは「減薬療法」です。

減薬療法とは、少しずつ摂取する睡眠薬の量を減らして、最後には睡眠薬に頼らなくても眠れるようにする方法です。

現在ハルシオンやリスミー、ネルポン、ダルメートなどの睡眠薬を1日1錠飲んでいるなら、2日に1錠にしてみる、それで眠れるようになったのであれば、次は3日に1錠にしてみる・・・といったやり方です。

北の大地の夢しずくを飲み始めたからといってすぐに睡眠薬をやめてしまうのは、不安や心配が重なって余計に眠れなくなってしまうかもしれません。

すぐに減らすのではなくて、北の大地の夢しずくと併用しながら少しずつ睡眠薬を減らしていくように頑張りましょう。

精神安定剤や抗うつ剤と飲み合わせは?

睡眠薬と同じように、精神安定剤や抗うつ剤と飲み合わせても問題ありません。

一緒に飲んだからといって副作用が発症するわけではありません。安心してください。

ですが、いつまでも精神安定剤や抗うつ剤に頼っていると、依存してしまって、薬なしでは眠れなくなってしまいます。

睡眠薬と同じく減薬療法を実践して、北の大地の夢しずくだけでも眠れるような体質に改善していきましょう。

お酒と一緒に飲んでも大丈夫?

北の大地の夢しずくとお酒を一緒に飲むのは危険なのでやめましょう。

アルコールは少量であれば、寝つきは良くなります。

ですが、アルコールの取りすぎは深い睡眠を妨げ、利尿作用や覚醒作用により、体内時計を狂わせてしまいます。

眠れないからといってお酒の量を増やしてしまうと、アルコール依存症になって、飲酒をしないと眠れない体質になってしまうかもしれません。

アルコールの摂取は控えて、北の大地の夢しずく単品で飲むようにしましょう。

北の大地の夢しずくを飲み続けても大丈夫?

北の大地の夢しずくを1日1袋ずつ飲み続ける習慣を身に付けば、体質が少しずつ変化していくので、むしろ飲む続けるべきです。

北の大地の夢しずくは毎日飲み続けても副作用が出ないように、自然由来の原料から抽出した成分が使用されています。

身体にも負担がかからないので、年齢に関わらずどんな人でも安心して飲み続けることができます。

好転効果で副作用のような症状が出ることもある

ただし、注意したいのは好転効果の影響で、副作用のような症状が出る場合もあります。

好転効果とは、身体に溜まった毒素が北の大地の夢しずくの効果によって体外に排出されるときに発症する症状を言います。

好転効果の具体的な症状には、下痢、眠気、倦怠感、吹き出物、便秘、吐き気、頭痛などがあります。

好転効果の存在を認識しておかないと、副作用だと勘違いしてしまって、せっかく体質が改善されてきたにも関わらず、飲用を中止してしまう恐れがあります。

好転効果は体質改善されてきている証拠になるので心配いりません。

少し様子を見るようにして、症状が治るのを待ちましょう。

副作用の心配はいらない

北の大地の夢しずくの副作用を心配される人がたくさんいますが、原料には自然由来の材料が使用されているので、副作用の心配はいりません。

毎日飲み続けて不眠症やストレス、頭痛、不安、恐怖が改善された人も多いです。

睡眠薬や睡眠導入剤には依存性があって、毎日服用していると薬なしでは熟睡できない体質となってしまいます。

一時的には効果があったとしても、根本的に不眠症やストレスの解決策にはならないので、睡眠サプリメントで体質改善をしていきましょう。

飲用し続けて、副作用が発症したというケースもないので、安心して飲み続けましょう。