自分がどの不眠タイプかを知り、睡眠不足解消を目指しましょう。

睡眠不足を解消する方法をいくつかご紹介します。

毎年、不眠に悩む方々は増えています。

良く眠れず、夜中に何度も目が覚めてしまったり、寝つきが悪かったり・・・。

そういった症状は辛いものですよね。

その原因の大きな一因は、24時間普及しているインターネットの利用や、いつでも便利に行動ができる生活スタイルにあります。

 一昔前ですと、連絡手段は手紙や電話、ポケベルの時代もありましたが、現在は携帯電話、スマホ、メール等すぐ連絡をすることが可能です。

 便利な反面、「いつでもどこでも連絡可能」で、どんな用事も、いつでもどこでも頼めるし頼まれてしまう、ということ・・・。

 仕事でもプライベートでも、常日頃誰かしかと繋がっているということです。

 それは無意識のうちにストレスになっているのですね。

インターネットもSNSもほどほどの利用が大切ですね。

睡眠薬を使う前に睡眠サプリでお試しを

睡眠不足続きになると、体の疲れが抜けず、慢性的にだるさを感じたり、精神的にも暗い気持ちになりがちになったりしてきます。

「ぐっするゆっくり眠りたい!」と望んでも、すぐ睡眠薬に手を出すことはやはり抵抗がありますよね。

 そこで最近では健康志向の方々の間で睡眠サプリメントというものが数多く販売されています。

 さいしょはその睡眠サプリのなかから試してみることをお奨めします。

睡眠薬と睡眠サプリってどう違うの?

睡眠サプリの特徴は、薬と違い、体への副作用等をそこまで気にすることなく飲み続けられる、ということがあります。

睡眠サプリはあくまでも「睡眠サポートのための健康食品」として販売されており、睡眠薬ではありません。

睡眠薬のような強い副作用の心配がない分、即効性もありません。

2,3週間から数か月にかけてしばらくの期間飲み続け、体調を整えていく効果を期待するサプリメントとなります。

睡眠サプリの成分について

主に配合されている睡眠サプリメントの成分をご紹介いたします。

ギャバ

ギャバは睡眠効果が高い成分で、多くの睡眠サプリに配合されているもののひとつです。

研究によると、不眠症で悩んでいる人々の多くが、脳内ギャバの量が正常な睡眠の人々に対し少ない事が分かっており、ギャバを補給することによって不眠の解消効果を期待します。

グリシン

グリシンは、眠っても中途半端に起きてしまう眠りの浅い方や寝つきの悪い方が使用する場合、1日3000mgの摂取が推奨されています。

アミノ酸の一種です。

トリプトファン

リラクゼーションと睡眠に深く関係のあるセロトニンの原料となるトリプトファン、不眠サプリには欠かせない成分のひとつです。

トリプトファンは、体内で作り出すことが出来ません。

そのため、食べ物やサプリメントから体内に取り込み必要があります。

トリプトファンもアミノ酸の一種で、1日500mg~600mgの摂取が推奨されています。

メラトニン

別名睡眠ホルモン、とも呼ばれているほど、寝つきをよくすることが期待されている成分です。

睡眠障害の原因となる体内時計の乱れを正常にしていく効果が期待できるため、最前の改善策と考えられております。

このように様々な成分が配合されている睡眠サプリメント、その配合量と自分の不眠原因を照らし合わせ、自分に良く合っていると思われるものを見極め使用することで効果が発揮されていきます。

早期覚醒か、中途覚醒?それとも入眠障害なのか・・・。

自分のタイプをよく見極めていきましょう。

不眠タイプによっておすすめ成分が違います

不眠タイプ別、効果のある成分のご紹介です。

入眠障害(なかなか寝付けないタイプ)

お奨め:ギャバ・メラトニンギャバ配合のおすすめ睡眠サプリメント

中途覚醒(眠りの浅い、途中で目が覚めてしまうタイプ)

お奨め:グリシングリシン配合のおすすめ睡眠サプリメント

早期覚醒(寝つけるが、早く目覚めてしまうタイプ)

お奨め:トリプトファントリプトファン配合のおすすめ睡眠サプリメントご自分の不眠がどのような症状かをよく把握し、症状にあった成分配合のサプリメントを接種することで睡眠の改善が期待できます。

睡眠サプリは購入前に、配合成分など詳細をチェックしましょう。

良い効果が出ますように・・・!